• 印刷する

英政府、新たなデータ保護法案を公表

英政府は8日、データ保護を巡る新たな法案を公表した。欧州連合(EU)の「一般データ保護規則(GDPR)」に基づく既存のデータ保護法を置き換えるもので、法規への順守方法に柔軟性を持たせるなど企業負担が減り、今後10年間で47億ポンドの節減になるとしている。

新法案ではGDPRの要素を取り入れながら順守方法を簡素化するとともに、法令順守を証明するために提出を求める書類を減らすことで、中小企業を中心に負担を軽減する。一方で、EUとのデータ取り扱いの十分性は維持されるため、現行のデータ保護規制に準拠している企業であれば、余分な費用をかけずに国際的な取引ができる。

人工知能(AI)のような自動化された意思決定については、強固な保護措置が適用される状況を明確にする。これにより、AI技術の使用に対する信頼を高める考え。ポップアップウィンドウの数の削減、迷惑電話や迷惑メールに対する罰金の引き上げ、安全なデジタル認証サービスの枠組といった内容も盛り込まれた。

政府は昨年夏に同法案を公表したが、産業界やデータ専門家と協力して法案を練り直すため、9月に法案提出に向けた手続きを一旦中止していた。ドネラン・デジタル・文化・メディア・スポーツ相は今回、「企業と共同で取り組んだことで、制度が英国独自のニーズや習慣に合ったものになった」と述べている。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

入国審査官がスト実施 ヒースロー空港=5月末から(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

英韓、AIサミット共催=21日から(05/21)

アストラゼネカ、シンガポールに工場建設(05/21)

R・メール、買収案受け入れ チェコ複合企業が提示額引き上げ(05/20)

製薬GSK、ヘイリオンの残り株売却(05/20)

セインズベリー、AI活用へ=米MSと提携(05/20)

グリーン水素投資、炭素中立の妨げにも(05/20)

GFG傘下の豪製鉄所、グリーン化に遅れ(05/20)

スナク首相夫妻の資産、6.5億ポンドに増加(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン