• 印刷する

鉄道14社、3~4月再びスト 労組が無条件での賃上げ案要求

英国の全国鉄道・海運・運輸労働組合(RMT)に所属するネットワーク・レールおよび鉄道運行会社14社の組合員が、3月と4月に再びストを実施する。RMTは先に、経営者側が示した条件付きでの9%の賃上げ案を拒否し、無条件での新たな賃上げ案を求めている。

鉄道運行14社の組合員は、3月16、18、30日と4月1日に、それぞれ午前0時1分から24時間ストを行う。また、鉄道インフラを管理するネットワーク・レールの組合員は、3月16日の午前2時から24時間ストを行うほか、3~4月に計21日間、残業を拒否する。

鉄道運行会社を代表する鉄道業界団体レール・デリバリー・グループ(RDG)とネットワーク・レールは先に、日曜出勤やネットワーク・レールの保守業務の改革などを条件に、昨年と今年の2年間で9%の賃上げを実施することを提案していた。

RMTのミック・リンチ事務局長は、追加ストを決めた理由について、「経営者側が賃上げや労働条件、雇用確保に関する新提案を行うことを、政府が認めていないため」と説明。「政府が各社の束縛を解けば、この問題は容易に解決できるが、閣僚らは様子見を続けている」と非難している。

BBC電子版によると、これに対しRDGは「新たなストはまったく正当化できない」とし、RMTは当初、賃上げのための近代化を支持していたのに、立場を変えたと批判している。また、ネットワーク・レールは「多くの従業員は9%の賃上げ案を受け入れたがっているが、RMT指導部は組合員に民主的な投票の機会を与えていない」と非難している。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英与野党が選挙戦開始 労働党、変化の必要性訴え(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

N・グリッド、電力網増強に600億ポンド(05/24)

移民純増数、68.5万人に減少=23年(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

アングロ、3度目の買収案拒否=協議は継続(05/24)

アイスペース、月面越夜へ英大学と協力(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

生産者物価、4月は1.1%上昇(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン