• 印刷する

独主要7空港、17日にスト 賃上げ交渉難航で=数千便に影響

ドイツの主要7空港の地上職員らが17日に、労働条件の改善を求め24時間のストライキを決行する。団体交渉の進展が見られないためで、国内便を中心に数千便に影響が及ぶ見通し。対象はフランクフルト、ミュンヘン、シュツットガルト、ハンブルク、ドルトムント、ハノーバー、ブレーメンの空港。フランクフルト空港を運営するフラポートは「大規模な混乱が生じる」として、当日の空港利用を控えるよう警告している。

統一サービス産業労組ヴェルディ(Verdi)によると、スト参加を予定するのは地上スタッフと警備員、公共部門の職員。地上スタッフは地域レベルで、警備員については全国レベルで賃上げを求める交渉が続いている。公共部門では、22、23日に2回目の団体交渉を予定する。

ヴェルディは、グランドハンドリング業務を行う地上スタッフは深刻な人手不足に陥っていることから、「賃上げを行う必要がある」と強調。警備員についても、高いボーナスを受け取る権利があると主張している。一方、フラポートの担当者は「この規模のストは度を越えている」として懸念を示している。

17~19日には世界各国の首脳や閣僚が外交・安全保障問題について協議する「ミュンヘン安全保障会議(MSC)」の開催が予定されており、会議のスケジュールに影響が出る可能性があるという。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

BMW、中国製部品の禁輸に違反=米報告書(05/22)

独貨物鉄道の国家補助、欧州委が承認(05/22)

米当局、VWのEV調査=リコール視野に(05/22)

金融監督庁、オンライン銀N26に罰金(05/22)

生産者物価、4月は3.3%低下(05/22)

韓国・斗山、独に欧州支社設立=ロボ展開へ(05/22)

ドイツの極右犯罪、昨年は23%増加(05/22)

ルフトハンザ、ITAへの出資計画が難航(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン