• 印刷する

トラック排出量90%削減へ EU域内で2040年までに=欧州委

欧州委員会は14日、欧州連合(EU)域内で販売される大型車両の新車の二酸化炭素(CO2)排出量を2040年までに19年比で90%削減する目標を提案した。50年までにCO2排出量を実質ゼロ化する目標の達成に向けた措置。市内バスに限っては、30年までに全てをゼロエミッション車(ZEV)とすることを義務付けている。

EUは昨年10月、35年までに域内で販売される乗用車および小型商用車の新車を全てZEVとすることで合意。これにより、ガソリン車やディーゼル車など内燃エンジン(ICE)車の新車は事実上、販売が禁止されることになったが、この規制ではバスやトラックなどの大型車両は対象に含まれていなかった。

欧州委は今回、大型車両のCO2排出量について、30年までの目標も厳格化した。現行目標では19年比で30%の削減を求めているが、これを45%減とする。35年までの目標は65%減とした。

40年までの目標が90%減にとどまり、市内バスを除きゼロ排出の義務付けに踏み込まなかったことを受け、少なくとも同年まではICE車の販売が認められる格好となる。オランダとベルギー、デンマーク、ルクセンブルクの4カ国はかねて、大型車両についてもICE車の新車販売の期限を設定するよう求めていたが、ロイター通信によると、他の一部加盟国は40年までのゼロ排出を自動車メーカーに求めるのは時期尚早として反対した。

域内のトラックの平均利用年数は20年時点で14年に上っているため、CO2を排出するバス・トラックは50年以降も路上に残る可能性が高い。ベルギーの環境団体トランスポート&エンバイロメント(T&E)は、「CO2を排出するトラックが必要以上に長く路上を走り続ければ、50年に排出量を実質ゼロ化する目標の達成は不可能になる」と訴えている。[EU規制][環境ニュース]


関連国・地域: EU
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

BMW「ミニ」が最高税率に EUの中国EV制裁関税=38.1%(06/18)

平和サミット、共同声明採択=90カ国超参加(06/18)

英国の再生エネ輸出に影響 EU国境炭素税、利益5%減も(06/18)

EU加盟国、自然再生法を採択=数カ月遅れ(06/18)

EU理事会、欧州横断運輸網の新指針承認(06/18)

中国、EU産豚肉に反ダンピング調査=報復(06/18)

ユーロ圏労働コスト、第1四半期は伸び加速(06/18)

中欧班列、5月の輸送量が過去最高に(06/18)

タイ天然ゴム社、EU規則製品の販売5割に(06/18)

【EU環境規制・エネルギー】進むEUの包装規制、日本に及ぶ影響は(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン