• 印刷する

後払い決済の規制法案を公表 英、当局の権限強化=消費者保護

英政府は14日、「バイナウ・ペイレーター(BNPL)」と呼ばれる後払い決済サービスの規制強化に向けた法案を公表した。金融行為監督機構(FCA)の権限を拡大し、サービスを提供する金融業者の認可権と監督権を付与する内容で、これにより利用者約1,000万人の保護を狙う。

法案は金融サービス・市場法を改正するもので、金融業者はサービスを開始するためにFCAの認可を受ける必要があるほか、利用者の返済能力を査定し、融資に関する明確な情報を提供することを義務付ける。これらの規則に反した場合には、FCAが認可取り消しなどの措置を取ることができる。サービスについての広告では誤解を招く表現を禁止する。

一方、利用者は金融オンブズマン・サービス(FOS)に苦情を申し立てることが可能となり、返済不能に陥った場合には保護も受けられる。

政府は法案について4月11日まで関係者に対する意見公募を行う計画だ。

BNPLは手数料や利息なしで分割払いが可能なことから、オンライン販売の決済手段として急速に普及しているが、これまでは消費者保護のルールが定められていなかった。FCAは昨年2月、BNPLを提供する英クリアペイ、スウェーデンのクラーナ(Klarna)、ニュージーランドのレイバイ、豪オープンペイの4社に利用規約を公正かつ明確にするよう指示している。


関連国・地域: 英国スウェーデン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英与野党が選挙戦開始 労働党、変化の必要性訴え(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

N・グリッド、電力網増強に600億ポンド(05/24)

移民純増数、68.5万人に減少=23年(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

アングロ、3度目の買収案拒否=協議は継続(05/24)

アイスペース、月面越夜へ英大学と協力(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

生産者物価、4月は1.1%上昇(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン