• 印刷する

ルノーと日産、対等出資へ 3領域での新たな取り組み発表

フランスの自動車大手ルノーと日産自動車、三菱自動車の3社は6日、日産とルノーが両社の出資比率について、「15%の株式を相互に保有する」ことなどで合意したと発表した。ルノーは日産への出資比率を約43%から大幅に引き下げ、対等な関係とすることで一致。電動化や自動運転など転換期にある自動車業界において、1999年から始まった日仏連合は提携関係を見直し、新たな事業戦略に乗り出す。

3社は今回、アライアンスの強化に向け3領域での新たな取り組みを発表した。

■3地域での価値創造プロジェクト

3社は中南米とインド、欧州において、市場、商品、技術の3分野で主要プロジェクトを検討する。欧州では、ルノーと日産がCセグメント電気自動車(EV)を巡る協業の可能性を模索。三菱はルノーと共に、小型クロスオーバースポーツタイプ多目的車(SUV)「ASX(日本名:RVR)」と小型車「コルト」の次世代新型車を開発する。欧州での協業は車両にとどまらず、物流やリサイクルを含むライフサイクル全体で展開する。

■プロジェクトへの相互参加

3社は、事業に付加価値が期待できるパートナー各社のプロジェクトに投資・協業することで合意。日産は、ルノーが設立するEV・ソフトウエア事業「アンペア」に最大15%出資する意向で、三菱も出資を検討する。また、ルノーが進める内燃エンジン(ICE)車向けパワートレインプロジェクトについては、日産と三菱が顧客となる予定。

■ルノー・日産の資本関係見直し

ルノーは、日産の株式28.4%をフランスの信託会社に信託し、ほとんどの議案に関する議決権を「中立化」した上で段階的に売却。日産は筆頭の売却先候補として、優先的地位を享受する。

日産は現在、ルノー株15%を保有するが、ルノーの日産への出資比率が40%以上であるため議決権を行使できなかった。今回の合意は、両社間の資本関係の不均衡が解消される大きな転換点となる。なお、ルノーと日産の新たなアライアンス契約は今年3月末までに締結される予定で、当初の有効期限は15年間となる見通し。[日本企業の動向]


関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 自動車・二輪車電機金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

仏選挙、極右勝利なら再生エネ開発に打撃(06/14)

AIミストラル、6億ユーロ調達(06/13)

ゲームのブードゥー、人気SNSアプリ買収(06/13)

アトス、ワールドグリッド部門売却で協議(06/13)

仏、フィリピンと協定締結=ODA可能に(06/13)

EU、社用車の電動化進まず=脱炭素化遅れ(06/13)

総選挙、極右勝利も過半数割れか=世論調査(06/12)

ITアトス、主要株主提出の救済案を採用(06/12)

レミーコアントロー、通期は29.1%減益(06/12)

仏アトランティック、タイで給湯器販売開始(06/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン