ベアリングSKF、通期は20.7%減益

ベアリング(軸受け)で世界最大手のSKF(スウェーデン)は、2022年12月期の営業利益が85億3,200万クローナ(8億2,500万ドル)となり、前期比20.7%減少したと発表した。欧州でのコスト拡大や、ロシアからの撤退に絡む費用が押し下げた 売上高は969億3,300万クローナと、継続…

関連国・地域: スウェーデン
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米テスラ、スウェーデンの運輸当局など提訴(11/29)

日立エナジー、水素発電機の実証機開発(11/23)

ノースボルト、蓄電用ナトリウム電池を開発(11/22)

全港湾で対テスラのスト拡大=積下作業停止(11/20)

吉利集団、ボルボ・カーの一部株式を放出(11/20)

スウェーデン、大型原子炉2基新設を計画(11/17)

スポティファイ、AI活用強化=提携拡大で(11/17)

トラックのボルボ、建材CRHと提携(11/15)

スカニア、鉄鋼SSABと脱炭素化で協力(11/15)

欧州各地、パレスチナ支援の大規模デモ続く(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン