• 印刷する

SAP、約3千人整理へ クラウド事業に注力=事業再編

ドイツの企業向けソフト大手SAPは26日、事業再編の一環として、年内に約3,000人を削減する方針を明らかにした。加えて、2021年にスピンオフ(事業の分離・独立)した、エクスペリエンス管理ソフトの米クアルトリクス(Qualtrics)の持ち株を手放す方向で動いている。中核のクラウド事業を強化し、収益性を高める狙い。

SAPの従業員数は22年12月末時点で11万2,000人。事業再編で約2.5%を削減する格好となる。これにより、24年に3億~3億5,000万ユーロのコスト削減を見込む。再編実施コストは2億5,000万~3億ユーロに上り、その大半が23年第1四半期(1~3月)に発生する見通し。

クアルトリクス株の売却については、時期や条件などの最終的な決定は下していないとしている。

■通期は68%減益

SAPはこの日、22年12月期通期の決算発表を行った。純利益は17億1,400万ユーロとなり、前期比68%減少した。

売上高は11%増の308億7,100万ユーロ。クラウド・関連サービスは125億5,600万ユーロと、33%増加した。

グループ全体の営業利益は46億7,200万ユーロとほぼ横ばい。営業利益率は15.1%と、1年前から1.6ポイント低下している。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 金融IT・通信雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

BMW「ミニ」が最高税率に EUの中国EV制裁関税=38.1%(06/18)

エバーフュエル、水素の大規模生産を計画(06/18)

独ロボット産業、中国との競争に直面(06/18)

労組IGメタル、7%の賃上げ要求を勧告(06/18)

中国、EU産豚肉に反ダンピング調査=報復(06/18)

アディダス、中国幹部に収賄疑惑=調査開始(06/18)

ドイツ銀、投資銀部門で採用加速(06/18)

ノルデックス、北欧の設置容量5GW突破(06/18)

タイ流通セントラル、独百貨店の運営継承(06/18)

eVTOLリリウム、中国に子会社設立(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン