VW、2018年までに中国で400万台生産へ

自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は、2018年までに中国での生産台数を400万台に引き上げる計画だ。中国担当取締役に就任したジョケム・ヘイズマン氏の話として、週刊誌フォークスが伝えた。

それによると、昨年の中国での生産実績は前年比15%増の220万台。これはグループ全体の生産台数850万台の4分の1強に相当する。同国での生産台数は早ければ来年にも300万台に達する見込みで、ヘイズマン取締役は「中国はこの先も最大かつ最重要な市場だ」と話している。

VWは2018年までにトヨタを抜き生産台数で世界一となる目標を掲げる。これに向け、先に経営陣30人以上を入れ替える大幅な組織改革を実行。新たに設けられた中国担当取締役には、これまで商用車事業を担当してきたヘイズマン氏が抜擢されている。


関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ドイツ銀、7千人超を整理へ ゼービング新CEOが再建に着手(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

GfK消費者信頼感、6月はやや悪化(05/25)

新素材開発コベストロ、M&Aに意欲(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン