化学製造業、企業の大半が増益増収予想

化学製造業企業の大半が、ユーロ圏の債務危機にかかわらず今年の増収増益を予想している。コンサルティング会社のキャメロット・マネジメント・コンサルタンツの最新調査で明らかになった。

業界企業の管理職300人を対象としたアンケート調査では、回答者の大多数が今年の業績について増収増益を予想。うち約半数は5%以上の増収、38%は1~5%の増収を見込んでいる。一方、9%は「わずかな減収」と回答。また国内の業況については、93%が肯定的な評価を下している。

景況感は経済危機前の水準まで回復しているが、アンケート調査後にスペインの国内金融機関の業績悪化が明らかになったことなどから、今後、債務危機の影響が強まる可能性もある。ただ調査では、リスクとして債務危機よりエネルギー価格の高騰を挙げる企業が多かった。


関連国・地域: ドイツスペイン
関連業種: 経済一般・統計化学・石化製造一般金融・保険商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

VWの世界販売、6月は4.1%増加(07/19)

トルコ自動車生産、6月は7.1%減少(07/19)

ソフトウェアAG、第2四半期は横ばい(07/19)

アカソル、ダイムラーに次世代LIB供給(07/19)

ユーロ圏インフレ率、6月は改定値も2%(07/19)

中国・蔚来汽車、3年以内に独でEV販売(07/19)

ユーロ圏建設業生産、5月は0.3%増加(07/19)

VW中国合弁、上半期の販売台数は9.6%増(07/19)

仏競争委、小売業者の調達提携巡り調査(07/18)

リンデ、独メッサーなどに米資産売却(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン