• 印刷する

化学製造業、企業の大半が増益増収予想

化学製造業企業の大半が、ユーロ圏の債務危機にかかわらず今年の増収増益を予想している。コンサルティング会社のキャメロット・マネジメント・コンサルタンツの最新調査で明らかになった。

業界企業の管理職300人を対象としたアンケート調査では、回答者の大多数が今年の業績について増収増益を予想。うち約半数は5%以上の増収、38%は1~5%の増収を見込んでいる。一方、9%は「わずかな減収」と回答。また国内の業況については、93%が肯定的な評価を下している。

景況感は経済危機前の水準まで回復しているが、アンケート調査後にスペインの国内金融機関の業績悪化が明らかになったことなどから、今後、債務危機の影響が強まる可能性もある。ただ調査では、リスクとして債務危機よりエネルギー価格の高騰を挙げる企業が多かった。


関連国・地域: ドイツスペイン
関連業種: 化学その他製造金融サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ユーロ圏GDP、0.2%拡大 第3四半期=2次速報値(11/15)

独高級車3社、明暗分かれる アウディが不振=10月の世界販売(11/15)

電力RWE、1~9月期は赤字転落(11/15)

ユーロ圏鉱工業生産、9月は0.3%減少(11/15)

エーオン、第3四半期は黒字復帰(11/15)

ZF、部品運搬用ドローンがドイツ初の認可(11/15)

シーメンスガメサ、印の発電容量が大台突破(11/15)

アウディ、バンコクに部品配送センター開設(11/15)

スノーピーク、ロンドンに英子会社設立(11/15)

製薬・化学メルク、広州にイノベ拠点開設へ(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン