• 印刷する

M&S、英で20店舗を新設へ 4.8億ポンド投資=3千人を雇用

英国の小売大手マークス・アンド・スペンサー(M&S)は16日、2023/24年度に英国全土で20店舗を開設すると発表した。4億8,000万ポンドを投資する。 3,400人以上の新規雇用が創出される見通し。

新店舗のうち、衣料品や家庭用品、食品などを販売する「フルライン」店舗は8店開設する。このうち、リーズとリバプールで今夏、マンチェスターで今秋、バーミンガムとサロックでは年末までに、それぞれ店舗を移転して新たにオープンする。これら5店舗は、21年に経営破綻した大手百貨店デベナムズの跡地に建てられる。このほか、食料品に特化した店舗も今年、全土に12店を出店する。

スチュアート・メイチン最高経営責任者(CEO)は「実店舗はM&Sのオムニチャネル化の中核を成すもので、現在の顧客の買い物傾向において競争優位性を提供するもの」と述べた。

M&Sはまた、直営店への投資に加えて、フランチャイズ店を拡大し利便性を高める計画とした。同社は石油BPやコーヒーチェーン「コスタ」と提携している。

同社は昨年10月、「ストア・ローテーション・プログラム」と呼ぶ5カ年の店舗計画を加速させ、25/26年度までの3年以内に実現させることを目指すと発表。計画では、「フルライン」店舗を現在の247店から180店に減らす。一方、食料品専門の小型店「シンプリー・フード」を104店増やし、420店にする予定。


関連国・地域: 英国
関連業種: 小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

英、7月4日に総選挙 14年ぶり政権交代の可能性(05/23)

ロシア、戦術核兵器の演習=欧州を威嚇(05/23)

英政府、ウェールズ北部で新規原発を建設へ(05/23)

インフレ率、4月は2.3%に減速(05/23)

石油シェル株主総会、気候目標緩和を承認(05/23)

製薬アストラゼネカ、中国特化の供給網構築(05/23)

財政収支、4月は赤字拡大(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン