• 印刷する

空中給油機、英国からスペインに製造移管

空中給油機「ボイジャー」を製造するコンソーシアム「エアタンカー」は22日、英国防省に納入するボイジャーの生産を英国からスペインに移管すると発表した。これにより、最大320人の雇用が失われる可能性もある。

ボイジャーは仏航空製造大手エアバスのA330型機を空中給油機に改造したもの。エアタンカーは、2008年に英国防省からボイジャー14機のリースを105億ポンドで受注した。最初の2機はスペイン・マドリード南郊のヘタフェ(Getafe)にあるエアバス・ミリタリー(スペイン)の工場で既に改造済み。現在、イングランド南部ボーンマス空港にある航空・防衛システム大手コバムの工場で改造中の3・4機目は、引き続きここで作業し来年初めまでに完成させる。ただ、残りの10機は予定を変更し、ヘタフェのエアバス工場で改造する方針だ。A330機を設計したヘタフェの工場で作業する方が迅速かつ効率的との考えとみられる。

ロイター通信によると、来年3月までにコバムの従業員237人と、下請け会社の83人の職が失われる恐れがある。一方、インディペンデントはコバムの広報担当者の話として、従業員の一部はスペインまたはイングランド南西部オックスフォードシャー州の工場に移管される可能性もあると伝えている。

エアタンカーは、欧州航空・防衛最大手ヨーロピアン・エアロノーティック・ディフェンス・アンド・スペース(EADS)を中心に、仏防衛エレクトロニクス大手タレス、コバム、英ロールス・ロイスが参加している。


関連国・地域: 英国フランススペイン
関連業種: その他製造運輸雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

アイルランドGDP、第2四半期は2.5%増(09/19)

石油セプサ、年内に上場=25%株超を放出(09/19)

EU移民の労働ビザ優遇は不要 離脱後は域外と同等に=諮問委(09/19)

スーパー売上高、直近12週間は3.8%増加(09/19)

英仏漁業団体、ホタテ漁問題巡り合意(09/19)

JLR、バーミンガムの工場で減産体制に(09/19)

EU離脱派、メイ首相案の撤回キャンペーン(09/19)

鉄道遅延率、過去12年で最悪の14%(09/19)

シェル、星でプロピレンの貯蔵能力を増強(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン