• 印刷する

英、救急隊員1万人がスト 政府は影響緩和へ軍から人材派遣

イングランドとウェールズで21日、国民医療制度(NHS)の救急職員が賃上げを求めストライキに踏み切った。救急隊員を含む最大1万人が参加し、NHSは命に関わる緊急時にのみ救急車を呼ぶよう警告。政府は影響緩和のため軍から人材を派遣したが、けがにつながる危険な行動を避けるよう市民に呼びかけた。

今回のストは、労働組合ユナイトとGMB、公務員労組ユニゾンが呼びかけたもので、12~24時間継続。心停止や呼吸停止など死の危機にひんした「カテゴリー1」の要請には応じるが、心臓発作や脳卒中が疑われる「カテゴリー2」に関しては、一部機関が特定の症状に対応しないことで合意していた。政府は人員不足を補うため軍から約750人を派遣したが、果たせる役割は限定的だ。

救急職員らは、インフレ率を上回る賃上げや人員不足の解消を要求。GMBは、2010年と比べ救急車の需要が77%拡大した一方、医療部門の賃金は実質17%低下したと指摘する。

バークレー保健・社会福祉相は、政府の賃上げで多くの救急隊員の給与は4%以上増え、平均4万7,000ポンドに達したと説明。さらなる賃上げは現場から資金を奪うことにつながるとしている。

なお、GMBの組合員は、28日にもストを計画している。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

入国審査官がスト実施 ヒースロー空港=5月末から(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

英韓、AIサミット共催=21日から(05/21)

アストラゼネカ、シンガポールに工場建設(05/21)

R・メール、買収案受け入れ チェコ複合企業が提示額引き上げ(05/20)

製薬GSK、ヘイリオンの残り株売却(05/20)

セインズベリー、AI活用へ=米MSと提携(05/20)

グリーン水素投資、炭素中立の妨げにも(05/20)

GFG傘下の豪製鉄所、グリーン化に遅れ(05/20)

スナク首相夫妻の資産、6.5億ポンドに増加(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン