• 印刷する

英で大規模鉄道スト突入 運行2割に=年末年始も混乱続く

英国の鉄道インフラを管理するネットワーク・レールおよび鉄道運行会社14社の従業員が13日、48時間ストライキに突入した。これら企業の組合員4万人超を代表する全国鉄道・海運・運輸労働組合(RMT)と経営側の賃上げ交渉が決裂したため。他の労組が呼びかけたストも重なり、運行本数は2割程度に削減される。今後も年始にかけ複数のストが予定されており、冬季休暇期間の交通に大きな影響が及ぶ見通し。 

ネットワーク・レールと鉄道運行会社14社の組合員は、16~17日、来年1月3~4日、6~7日にもそれぞれ48時間ストを計画。さらに、ネットワーク・レールの組合員は12月24日午後6時~27日午前6時にもストを行う。同社は、スト実施日には鉄道網のおよそ半分が閉鎖され、スコットランドやウェールズの大部分では鉄道が運行されないと警告している。

これに加え、運輸事務職労働組合(TSSA)とユナイトに参加するネットワーク・レールと鉄道運行会社の従業員も近い日程でストを行うことから、年末年始は大きな混乱が予想されている。

鉄道運行会社を代表する業界団体レール・デリバリー・グループ(RDG)は先に、2022と23年にそれぞれ4%賃上げし、24年4月まで強制解雇を行わないことをRMTに提案したが、同労組はこれを拒否した。一方、ネットワーク・レールは22年に5%、23年に4%の賃上げを提案。RMTの組合員はこの受け入れを巡る投票を行い、63.6%の反対多数で拒否した。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

食品ニューラット、英同業プリンセスを買収(05/28)

保守党、徴兵制復活を公約 18歳国民が対象=総選挙勝利なら(05/28)

光熱費の価格上限、7%引き下げ=7月から(05/28)

小売売上高、4月は2.3%減少(05/28)

GfK消費者信頼感、21年12月以降で最高(05/28)

日立、新型バッテリーシステムの試験開始(05/28)

中東石油大手、シェルの南ア事業に関心(05/28)

住宅金融組合、コープ銀を買収=8億ポンド(05/28)

ランドローバー、印で旗艦モデルの生産開始(05/28)

英与野党が選挙戦開始 労働党、変化の必要性訴え(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン