• 印刷する

メルセデス、EV装置を増産 南西部工場で24年から年100万基

ドイツの自動車大手メルセデス・ベンツ・グループ(旧ダイムラー)は6日、南西部シュツットガルト近郊ウンターテュルクハイム(Untertuerkheim)の工場で2024年から生産予定の電動ドライブユニットについて、年産能力を最大100万基に倍増させると発表した。

同社は現在、新モデル用の電動ドライブユニットの開発を進めている。ウンターテュルクハイム工場および近隣のバートカンシュタット工場では来年から、新たな組立ラインの建設を開始。将来的にはウンターテュルクハイム工場に加え、同じくシュツットガルト近郊に位置するヘーデルフィンゲン(Hedelfingen)およびメッティンゲン(Mettingen)で電動ドライブユニット用の部品も生産する計画だ。

ウンターテュルクハイム工場では既に、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)用のバッテリーやアクスルを生産している。メルセデスは、市況が許せば30年までにEVに完全移行することを目指しており、同工場はこれに向け重要な役割を果たすとしている。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

EV充電ソフトのアムペコ、BMWが出資(01/27)

SAP、約3千人整理へ クラウド事業に注力=事業再編(01/27)

HH2E、独東部にグリーン水素工場建設へ(01/27)

中国CATL、年内に独工場を拡張へ(01/27)

英会計事務所EY、独で人員整理へ(01/27)

独北部の列車内で刺殺事件、2人死亡=25日(01/27)

独自動車部品ボッシュ、セルビア工場を拡張(01/26)

独、ウクライナに戦車供与へ 国内外で圧力強まり方針転換(01/26)

独政府、成長率見通しを0.2%に引き上げ(01/26)

G7、ウクライナへのエネ支援継続で合意(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン