OPECプラス、11月の減産幅を維持

石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」は4日、オンライン閣僚級会合を開き、日量200万バレルの減産幅を維持することで合意した。欧州連合(EU)や主要7カ国(G7)によるロシア産原油の取引価格に上限を設ける制裁措置が5日に発動…

関連国・地域: ロシア中東
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

港湾都市オデッサ、ユネスコ世界遺産に登録(01/27)

仏電機ルグラン、ロシア事業撤退へ(01/27)

独、ウクライナに戦車供与へ 国内外で圧力強まり方針転換(01/26)

オランダ、陸上油ガス田の新規開発を制限(01/24)

セルビア投資銀、TMKルーマニア事業買収(01/24)

ルーマニア、ノキアンの工場建設に補助金(01/23)

油田サービスSLB、同業撤退で露事業急伸(01/20)

ウィンターシャル、露撤退へ 53億ユーロ減損=合弁の収用響く(01/19)

アップル、独禁法違反でロシアで制裁金(01/19)

露、トルコなどへのディーゼル油輸出を拡大(01/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン