VW、新ソフト戦略を監査役会に提示へ

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のオリバー・ブルーメ最高経営責任者(CEO)は、15日に開かれる監査役会で新たなソフトウエア戦略を提示するもようだ。2030年までに競争力の高い自社開発ソフト投入を目指しており、これに向け10億ユーロの投資を行う計画だ。関係…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

独豪、水素開発事業を支援 4件に最大9千万ドル拠出へ(01/30)

ドイツポスト、従業員1.4万人がスト(01/30)

メルセデス、米でレベル3の自動運転車販売(01/30)

クラウドのイオノス、IPO仮条件設定(01/30)

ボッシュ、ハスクバーナへの出資率引き上げ(01/30)

SAP、約3千人整理へ クラウド事業に注力=事業再編(01/27)

EV充電ソフトのアムペコ、BMWが出資(01/27)

HH2E、独東部にグリーン水素工場建設へ(01/27)

中国CATL、年内に独工場を拡張へ(01/27)

英会計事務所EY、独で人員整理へ(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン