• 印刷する

独ガス輸入コスト、1~9月は2.9倍に拡大

ドイツの天然ガス輸入コストが、1~9月に前年同期比2.9倍に拡大したことが分かった。一方、輸入量は27%減少しており、ロシアのウクライナ侵攻や欧米諸国の対露制裁の影響が見られている。ドイツ連邦経済技術省傘下の連邦経済・輸出管理庁(BAFA)が公表した最新データで、こうした現状が明らかになった。

1~9月の天然ガス輸入額は579億ユーロと、前年同期の199億ユーロを大きく上回った。半面、同期間の輸入量は279万884テラジュール(TJ)と、1年前の382万4,499TJから減少している。

9月の天然ガスの国際取引価格は、TJ当たり3万5,626.84ユーロで、前月比13.6%低下。前年同月比では4.6倍に上昇している。

ドイツは他の欧州諸国よりもロシア産ガスへの依存が大きく、その大半はロシアとドイツをバルト海経由で結ぶガスパイプライン「ノルドストリーム1」経由で供給されていた。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独豪、水素開発事業を支援 4件に最大9千万ドル拠出へ(01/30)

ドイツポスト、従業員1.4万人がスト(01/30)

メルセデス、米でレベル3の自動運転車販売(01/30)

クラウドのイオノス、IPO仮条件設定(01/30)

ボッシュ、ハスクバーナへの出資率引き上げ(01/30)

EV充電ソフトのアムペコ、BMWが出資(01/27)

SAP、約3千人整理へ クラウド事業に注力=事業再編(01/27)

HH2E、独東部にグリーン水素工場建設へ(01/27)

中国CATL、年内に独工場を拡張へ(01/27)

英会計事務所EY、独で人員整理へ(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン