• 印刷する

郵便局員、6日間の追加スト 交渉進展せず=ロイヤル・メール

英国の通信労働組合(CWU)は、郵便大手ロイヤル・メールの組合員が12月に6回の追加ストを実施すると発表した。これまでに正式に確定している11月24日、25日、30日、12月1日に加え、12月9日、11日、14日、15日、23日、24日に実力行使に踏み切る。BBC電子版などが17日伝えた。

ロイヤル・メールの従業員11万5,000人超は10月26日、今年8回目となる24時間ストを実施したが、その後は労使の話し合いが行われてることを理由に計画していたストを一時的に中断していた。ただ、交渉に十分な進展が見られないことから、繁忙期であるクリスマスの直前にもストを実施することで圧力をかけていくことを決めた格好だ。

一方、ロイヤル・メールは問題点の解決に向けた時間的な余裕はなく、11月24日から始まる一連のストを回避するのは困難との見方を示している。同社は10月末、日曜勤務や始業時間の変更など勤務時間の柔軟化を条件に、向こう2年間に計9%の昇給を盛り込んだ新たな提案を行ったが、CWUは賃上げ幅がインフレ率を下回ることなどから、これを拒否した。

■普通郵便の土曜配達廃止を提案

ロイヤル・メールはこの日、手紙など普通郵便の土曜日の配達を廃止する方向で、政府に働きかけていると明らかにした。政府は現在、手紙などの配達は日曜日以外はサービスを提供するよう義務付けている。ロイヤル・メールはこれに対し、普通郵便の配達は月曜日から金曜日の週5日間とすることを提案する一方で、需要が膨らむ小包は週末も配達する方針を改めて示した。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸サービス雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

英中銀、利下げ開始はインフレ低下の証拠を見極めてから <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第58回(05/17)

英労働党、選挙公約発表 経済安定化や医療改善を優先(05/17)

資源アングロ、世界で採用凍結=買収回避で(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

米石油シェブロン、英北海事業から完全撤退(05/17)

英、不明確な環境政策で投資機会逸失(05/17)

BT、通期は増益=30億ポンド追加削減へ(05/17)

イージージェット、上半期は赤字縮小(05/17)

音声支援のポリーAI、評価額5億ドルに(05/17)

グレッグス、店舗数3500店に拡大へ(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン