エクイノール、北極圏の油田開発判断を延期

石油・ガスでノルウェー最大手のエクイノールは10日、北極圏に位置するノルウェー領バレンツ海のウィスティング(Wisting)油田開発を巡り、投資判断を延期すると発表した。コスト上昇やサプライチェーン(供給網)の停滞を受けたもの。 同社とプロジェクト参加企業は当初、12月に…

関連国・地域: ノルウェーアジア
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

ノルウェー沖にレアアースの大規模埋蔵も(01/30)

ノルウェー対欧ガス輸出量、22年は最高水準(01/25)

エクイノール、ノルウェー海で新ガス田発見(01/19)

欧州の投資支援は不十分=肥料ヤラCEO(01/18)

イベルドローラ、再生エネ資産の権益売却(01/18)

JERA、ヤラ子会社とアンモニア調達契約(01/18)

ノルウェー貿易収支、12月は黒字拡大(01/17)

ノルウェー水素社、三菱商事などが出資(01/12)

タンカー運航ユーロナブ、同業が合併撤回(01/12)

HH2E、ノルウェー社から水素電解槽購入(01/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン