• 印刷する

英、暗号資産規制を強化へ 金融当局の権限拡大=改定法案

財務省は27日、金融サービス・市場法案の修正案を議会に提出した。全ての暗号資産の規制権限を金融行動監視機構(FCA)に集中させる内容で、暗号資産絡みでのFCAの権限を明確にして強化する狙いがある。法案の成立は確実視されている。

同法案は当初は、FCAには法定通貨などと連動することでリスクを低減させた「ステーブルコイン」のみ監督権を与えるものだったが、修正案では全ての暗号資産をFCAの監視下に置くように内容が変更された。暗号資産市場の規制強化を進める欧州連合(EU)と足並みをそろえる形となる。

7月に議会に提出された金融サービス・市場法案は、EU離脱後にそのまま英国法に置き換えられていたEUの金融サービス規制に代わるもので、英国の金融サービスの競争力を高め、投資を促す目的がある。暗号資産関連以外では、金融規制当局の権限の拡大や説明責任の付与、消費者保護の強化などが盛り込まれた。

なお、EUは現在、消費者の保護や金融犯罪の防止に向けた暗号資産市場(MiCA)法案の法制化手続きを進めている。内容は暫定合意しており、加盟各国と欧州議会での正式な承認を経て成立する見通しだ。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

英、7月4日に総選挙 14年ぶり政権交代の可能性(05/23)

ロシア、戦術核兵器の演習=欧州を威嚇(05/23)

英政府、ウェールズ北部で新規原発を建設へ(05/23)

インフレ率、4月は2.3%に減速(05/23)

石油シェル株主総会、気候目標緩和を承認(05/23)

製薬アストラゼネカ、中国特化の供給網構築(05/23)

財政収支、4月は赤字拡大(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン