仏ダノン、ロシアで乳製品事業から撤退

フランスの食品大手ダノンは14日、ロシアのチルド乳製品・植物由来製品(EDP)事業から撤退すると発表した。ウクライナ侵攻を受けて3月初めにロシアでの投資計画を中止していたが、長期的な展望に立ち、同事業の経営権を移管する手続きに入った。売却先については明らかにして…

関連国・地域: フランスロシアウクライナ
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

インド、露と原子力で協力=大型原発新設へ(05/29)

露、ウズベクで原発建設=中央アジア初(05/29)

仏軍、近くウクライナに訓練指導者を派遣か(05/29)

露ウズベキスタン首脳会談=技術協力拡大へ(05/28)

G7、露凍結資産の活用に意欲=財相会合(05/28)

石油OMV、露ガスプロムから供給停止も(05/24)

プーチン大統領、アメックス事業の清算承認(05/24)

ノルウェー、ロシア人観光客の入国原則禁止(05/24)

ロシア、全航空機Wi―Fi接続=28年以降(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン