幹部会選、イスラム系代表は穏健派が優勢

ボスニア・ヘルツェゴビナで2日、輪番制の国家元首である幹部会議長を選出する幹部会選挙が実施された。3民族のうち、ボスニャク(イスラム)系の代表では、穏健派のデニス・ベチロビッチ氏が優勢となった。 幹部会選では、「ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦」からイスラム系とク…

関連国・地域: ボスニアヘルツェゴビナ
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

車部品マーレ、ボスニアに工場新設で契約(11/18)

建設スウィテルスキー、ボスニア事業を清算(11/16)

西バルカン諸国、移動の自由化で合意(11/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン