• 印刷する

欧州議会、国際ローミング料金の引き下げ承認

欧州議会は10日、欧州連合(EU)における携帯電話の国際ローミング料金の上限を引き下げるルールを採択した。

7月1日に発効する新ルールでは、通話料の上限が1分当たり35セントから29セントに引き下げられる。電話を受ける場合は同8セントで、テキストメッセージの送信の上限は1件当たり9セントとなる。

またスマートフォン利用者の増加を受け、データのダウンロード料金にも1メガバイト当たり70セントの上限を設け、データローミング料の総額が50ユーロに近付くとテキストやメールで警告を送信することを義務付ける。

2014年には、携帯電話の利用者がローミングサービス業者を料金比較などにより自由に選択できるようにする方針だ。

欧州委員会は2007年に初めてローミング料金の上限を設定。今回の新ルールにより、消費者が支払うローミング料金がさらに75%安くなるとしている。一方、通信各社はローミング収入の低下による収益悪化を予想。モバイル・データ利用の増加は見込めるものの、増収につながるまでには時間がかかるとの見方もある。


関連国・地域: EU
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ノースボルト、10億ドルの資金調達が完了(06/14)

インフレ率、5月は改定値も1.4%(06/14)

重要性高まる「緑の波」 <連載コラム・エネルギーTODAY>第33回(06/14)

マクロン改革の新施策公表 年金や失業給付制度を改善へ(06/14)

伊政府、EUに財政是正手続き延期を要請へ(06/14)

オランダ、租税回避見直しで委員会設置へ(06/14)

ユーロ圏鉱工業生産、4月は0.5%減少(06/14)

欧州議会で極右最大の政治会派が誕生(06/14)

英のEU残留派、全国規模のデモ展開へ(06/14)

ドイツ東部の過疎化が危機的状況に=Ifo(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン