欧州議会、国際ローミング料金の引き下げ承認

欧州議会は10日、欧州連合(EU)における携帯電話の国際ローミング料金の上限を引き下げるルールを採択した。

7月1日に発効する新ルールでは、通話料の上限が1分当たり35セントから29セントに引き下げられる。電話を受ける場合は同8セントで、テキストメッセージの送信の上限は1件当たり9セントとなる。

またスマートフォン利用者の増加を受け、データのダウンロード料金にも1メガバイト当たり70セントの上限を設け、データローミング料の総額が50ユーロに近付くとテキストやメールで警告を送信することを義務付ける。

2014年には、携帯電話の利用者がローミングサービス業者を料金比較などにより自由に選択できるようにする方針だ。

欧州委員会は2007年に初めてローミング料金の上限を設定。今回の新ルールにより、消費者が支払うローミング料金がさらに75%安くなるとしている。一方、通信各社はローミング収入の低下による収益悪化を予想。モバイル・データ利用の増加は見込めるものの、増収につながるまでには時間がかかるとの見方もある。


関連国・地域: EU
関連業種: 経済一般・統計IT・通信政治

その他記事

すべての文頭を開く

ボルボ・カーズ、米国向け生産を欧州に移管(07/20)

欧州委、RBPLの中核銀行業務売却を承認(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

EU、中国の電動自転車に反ダンピング関税(07/20)

広告ピュブリシス、上半期は19%減益(07/20)

【欧州における日本企業の動向】6月18日~7月1日(1)(07/20)

【欧州における日本企業の動向】6月18日~7月1日(2)(07/20)

イージージェット、仏で航空スト巡り提訴(07/20)

グーグルに史上最高額の罰金 欧州委、競争法違反で(07/19)

政府、金融NLBのIPOを年内実施へ(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン