• 印刷する

欧州議会、国際ローミング料金の引き下げ承認

欧州議会は10日、欧州連合(EU)における携帯電話の国際ローミング料金の上限を引き下げるルールを採択した。

7月1日に発効する新ルールでは、通話料の上限が1分当たり35セントから29セントに引き下げられる。電話を受ける場合は同8セントで、テキストメッセージの送信の上限は1件当たり9セントとなる。

またスマートフォン利用者の増加を受け、データのダウンロード料金にも1メガバイト当たり70セントの上限を設け、データローミング料の総額が50ユーロに近付くとテキストやメールで警告を送信することを義務付ける。

2014年には、携帯電話の利用者がローミングサービス業者を料金比較などにより自由に選択できるようにする方針だ。

欧州委員会は2007年に初めてローミング料金の上限を設定。今回の新ルールにより、消費者が支払うローミング料金がさらに75%安くなるとしている。一方、通信各社はローミング収入の低下による収益悪化を予想。モバイル・データ利用の増加は見込めるものの、増収につながるまでには時間がかかるとの見方もある。


関連国・地域: EU
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

デンマーク、ダンスケバンクの調査再開(09/24)

【今週の主な予定】9月24~28日(09/24)

オランダGDP、第2四半期は0.8%拡大(09/24)

スロバキア失業率、8月は5.42%に減少(09/24)

自動車VW、イラン撤退報道を否定(09/24)

9月は過去4カ月で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(09/24)

協和キリン富士、欧州でバイオ後続品販売へ(09/24)

韓国・現代自、欧州に水素燃料電池トラック(09/24)

英国の離脱案「機能しない」 10月の進展が焦点=EU首脳会議(09/21)

VW、イランから撤退か=米政府の説得で(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン