欧州議会、国際ローミング料金の引き下げ承認

欧州議会は10日、欧州連合(EU)における携帯電話の国際ローミング料金の上限を引き下げるルールを採択した。

7月1日に発効する新ルールでは、通話料の上限が1分当たり35セントから29セントに引き下げられる。電話を受ける場合は同8セントで、テキストメッセージの送信の上限は1件当たり9セントとなる。

またスマートフォン利用者の増加を受け、データのダウンロード料金にも1メガバイト当たり70セントの上限を設け、データローミング料の総額が50ユーロに近付くとテキストやメールで警告を送信することを義務付ける。

2014年には、携帯電話の利用者がローミングサービス業者を料金比較などにより自由に選択できるようにする方針だ。

欧州委員会は2007年に初めてローミング料金の上限を設定。今回の新ルールにより、消費者が支払うローミング料金がさらに75%安くなるとしている。一方、通信各社はローミング収入の低下による収益悪化を予想。モバイル・データ利用の増加は見込めるものの、増収につながるまでには時間がかかるとの見方もある。


関連国・地域: EU
関連業種: 経済一般・統計IT・通信政治

その他記事

すべての文頭を開く

ギリシャ、金融支援脱却後の成長計画を発表(05/25)

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ガスプロム、罰金回避へ EU競争法違反巡る問題に決着(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第3回 進むユーロ安の背景(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

【ウイークリー統計】第8回 老年人口指数と若年層の実家暮らし(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン