フィンランド政府、鉱物への新税導入を計画

フィンランド財務省は27日、国内で採掘された鉱物に課税する計画を明らかにした。年間2,500万ユーロの税収を見込む。議会の承認を経て、2024年初頭の導入を目指す。 課税額は、金属鉱物は0.6%、その他の鉱物は1トン当たり0.2ユーロになる見込み。税収の60%は鉱山を所有する自治…

関連国・地域: フィンランド
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

フィンランド政府、超過利潤税の導入準備(11/25)

裁判所「ガスムにルーブル決済の義務なし」(11/18)

電力フォータム、第3四半期は45%増益(11/11)

JAL、ネステ・伊藤忠とSAF調達契約(11/08)

ノキアン・タイヤズ、ルーマニアに工場建設(11/03)

保険サンポ、ストックホルムでも上場へ(11/03)

タイヤのノキアン、第3四半期は65%減益(11/02)

昇降機コネ、第3四半期は6.3%減益(11/02)

フィンエアー、第3四半期は赤字縮小(11/01)

ノキアン、露事業をタトネフチに売却(11/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン