• 印刷する

SABミラー、通期は12%増益

ビール大手のSABミラーが24日に発表した2012年3月通期決算はEBITA(利払い・税引き前・償却費控除前利益)が56億3,400万ドルとなり、前年比11.7%拡大した。主力市場の中南米やアフリカの好調に加え、オーストラリア最大手フォスターズの買収により、米国及び欧州以外の地域で事業が強化されたことも奏功した。

売上高は10.9%増の313億8,800万ドル。地域別では主力の中南米とアフリカがいずれも13%の増収となったほか、フォスターズや中国メーカーの買収効果が追い風となりアジア・太平洋は73%増と力強い伸びを示した。欧州ではポーランドとルーマニアが不振だったが、一部商品の値上げが奏功し2%の増収を確保。北米も1%増えた。

グループ全体の販売量は286億リットルと、1年前から4%増えた。うちラガーが3%、その他のアルコール飲料が4%それぞれ伸びたほか、ソフト飲料も7%拡大した。

メヤー・カーン最高経営責任者(CEO)は今回の結果について、「成長市場における足場固めが進み好業績が残せた」と満足を示した。今年については、新興市場は昨年に引き続き成長が期待できる一方、成熟市場については大幅な改善は難しいと予想。オーストラリア事業統合によるシナジー効果を増大させると共に、グローバル展開を加速させる方針を示した。


関連国・地域: 英国ポーランドルーマニアアジア米国アフリカ中南米
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コムキャスト、スカイを買収へ フォックスに入札で競り勝つ(09/25)

カジノ「カルフールの業務提携打診を拒否」(09/25)

スイスの時計輸出、8月は5.5%拡大(09/25)

トラックのボルボ、イランでの生産を中止(09/25)

バンク・ペカオ、ロンドン事務所を開設(09/25)

コペンハーゲン、F1誘致計画を中止(09/25)

金鉱の加バリック、ランドゴールドを買収(09/25)

オンライン販売ファーフェッチ、NY上場(09/25)

三菱ケミカル、シュワイターに一部事業譲渡(09/25)

広告WPP、傘下2社の統合に向け準備(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン