• 印刷する

SABミラー、通期は12%増益

ビール大手のSABミラーが24日に発表した2012年3月通期決算はEBITA(利払い・税引き前・償却費控除前利益)が56億3,400万ドルとなり、前年比11.7%拡大した。主力市場の中南米やアフリカの好調に加え、オーストラリア最大手フォスターズの買収により、米国及び欧州以外の地域で事業が強化されたことも奏功した。

売上高は10.9%増の313億8,800万ドル。地域別では主力の中南米とアフリカがいずれも13%の増収となったほか、フォスターズや中国メーカーの買収効果が追い風となりアジア・太平洋は73%増と力強い伸びを示した。欧州ではポーランドとルーマニアが不振だったが、一部商品の値上げが奏功し2%の増収を確保。北米も1%増えた。

グループ全体の販売量は286億リットルと、1年前から4%増えた。うちラガーが3%、その他のアルコール飲料が4%それぞれ伸びたほか、ソフト飲料も7%拡大した。

メヤー・カーン最高経営責任者(CEO)は今回の結果について、「成長市場における足場固めが進み好業績が残せた」と満足を示した。今年については、新興市場は昨年に引き続き成長が期待できる一方、成熟市場については大幅な改善は難しいと予想。オーストラリア事業統合によるシナジー効果を増大させると共に、グローバル展開を加速させる方針を示した。


関連国・地域: 英国ポーランドルーマニアアジア米国アフリカ中南米
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ゴーブ氏、EU離脱相を拒否 後任にはバークレイ氏就任(11/19)

EEとヴァージン、過剰請求で当局が罰金(11/19)

自動車オペル、仏セグラとR&Dで提携(11/19)

JAL、英など海外空港にアルコール感知器(11/19)

国営宝くじ、2023年以降の運営主体を募集へ(11/19)

スーパーのアズダ、第3四半期は2%増収(11/19)

HSBC、香港で有給休暇を拡大(11/19)

英自動車メーカー、マの国民車構想に関心(11/19)

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

ラーブEU離脱相が辞任 メイ首相の不信任投票の動きも(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン