スイス政府、予備電源用の発電所建設

スイスの環境・運輸・エネルギー・通信省は23日、北部アールガウ州ビルアー(Birr)に臨時の発電所を建設する計画を承認したと発表した。非常時の予備電源とするためで、来年2月の稼働開始を見込み、2026年春まで使用する計画だ。 今回の決定は、政府が冬季の電力需要拡大を見据…

関連国・地域: スイス
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スイスMET、ルーマニアで太陽光事業取得(12/08)

セルビアの破綻ガラス会社、スイス社が投資(12/08)

C・スイス、新部門にサウジ皇太子が出資か(12/06)

ABB、上海で産業用ロボット工場稼働(12/06)

半導体STマイクロ、ソイテックと提携強化(12/02)

製菓バリーカレボー、インド第3工場を起工(12/02)

ネスレ、向こう10年でサウジに19億ドル投資(11/25)

クレディ・スイス、低迷の中国で人員削減(11/24)

ルクソフト、セルビアに開発センター設置(11/22)

ABB、EV充電事業株売却で2億ドル調達(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン