独、リセッションの兆候が鮮明化=連銀

中銀のドイツ連邦銀行は19日発表した月報で、リセッション(景気後退)の兆候が鮮明化しているとの見方を示した。インフレ率は9月以降にさらに加速し、2桁に達する可能性もあるとしている。 連銀は国内経済について、「明確で広範にわたる長期的な経済生産の減退」の兆候が強ま…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

独政府、送電料金の補助に130億ユーロ拠出(10/07)

【欧州航空・鉄道論】イノトランスで見た環境車両の行方 燃料電池車両に「待った」をかけた蓄電池車両(10/07)

ポルシェ、時価総額でVW上回る(10/07)

ザルツギッター、低炭素化で政府助成を獲得(10/07)

独車の米国販売、4社が軒並み好調(10/07)

VW、中国ソフトウエア合弁に10億ユーロか(10/07)

独とスペイン、ガス導管敷設に向け協力強化(10/07)

アッサアブロイ、独IPドア端末社を買収(10/07)

製造業受注、8月は2.4%減少(10/07)

貿易収支、8月は黒字縮小(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン