• 印刷する

ポルシェ、IPO仮条件設定 時価総額は最高750億ユーロも

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は18日、高級スポーツカー部門ポルシェの新規株式公開(IPO)の仮条件を1株当たり76.5~82.5ユーロに設定したと発表した。時価総額は700億~750億ユーロとなる見込み。

VWは株式12.5%を放出し、87億~94億ユーロを調達する計画。調達資金の半分は特別配当として分配し、残りは電気自動車(EV)への移行やソフトウエア開発費に充てる。

9月29日にフランクフルト証券取引所で上場する予定。仮条件の上限では欧州で過去3番目に大きい上場案件となる。ただ、評価額は当初見込んでいた最大850億ユーロを下回った。

ロイター通信などによると、カタール投資庁(QIA)やノルウェー中銀のノルウェー銀行、米投資会社ティー・ロウ・プライス、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国の政府系持ち株会社ADQが、計36億8,000万ユーロ相当の優先株を取得する予定。

VWのアルノ・アントリッツ最高財務責任者(CFO)は「ポルシェのIPO計画は最終段階にあり、コーナーストーン(中核的)投資家のコミットメントを歓迎する」と述べた。

VWはポルシェの株式を普通株と議決権のない優先株に等分し、優先株のうち最大25%をVWの既存株主に割り当てる。新規公開するのは優先株のみとなる。

VWは12月に臨時株主総会を予定しており、ここで優先株と普通株の売却による調達総額の49%を来年初頭に特別配当として分配することを提案する方針だ。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車金融

その他記事

すべての文頭を開く

マクロン氏、ドイツ国賓訪問 欧州議会選に向け両国の結束強調(05/28)

ドイツ鉄道物流部門の売却、最終候補に4社(05/28)

独ペニー、ブカレストにレジなし店舗開店へ(05/28)

自動車VW、「代理店販売モデル」拡大計画(05/28)

独カールマイヤー、ルーマニア工場建設へ(05/28)

Ifo企業景況感、5月は横ばい(05/28)

独、政治家襲撃やまず=州議2人負傷(05/28)

独経済、今年も改善見込めず 労働力不足など課題=商工会議所(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン