• 印刷する

ロスネフチ子会社を管理下に エネルギー安全保障政策=独政府

ドイツ政府は16日、ロシアの国営石油大手ロスネフチの独子会社2社をドイツ連邦ネットワーク庁(BNetzA)の管轄下に置いたと発表した。エネルギー安全保障が目的で、これにより国内3カ所の製油所が政府の管理下に入る。

BNetzAが管轄する2社は、ロスネフチ・ドイチュラントとRNリファイニング&マーケティング。うちロスネフチ・ドイチュラントは、ドイツ国内の製油能力の12%を占める。

この措置は、ロスネフチがドイツ国内に保有する製油所3カ所の操業継続を確実にするためのもの。うち一つは北東部シュウェット(Schwedt)のPCK製油所で、首都ベルリンに供給される燃料の9割を担う。

ショルツ首相によると、政府は今回の措置に絡み旧東独地域の州に向こう数年で10億ユーロを振り向ける計画。シュウェットは連邦政府と州政府から8億2,500万ユーロを受け取る見込みで、1,200人が働くPCK製油所の雇用も守られるとしている。

同首相は、今回の決断は簡単ではなかったが、ロシアからのエネルギー供給が信頼できなくなったためやむを得ないと説明。国を守るための広範なエネルギー政策だとしている。

政府は4月、ロシアの天然ガス世界最大手ガスプロムのドイツ子会社もBNetzAの管轄下に置いた。ガスプロムが子会社の清算手続きに入り所有権が複数企業の手に渡ったために介入し、一時的に国有化している。


関連国・地域: ドイツロシア
関連業種: 金融天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報(05/23)

ルノー、独VWとの共同開発断念=小型EV(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

右派AfD、有力候補が欧州議会選に不出馬(05/23)

診療予約サイトのドクトリブ、独AI社買収(05/23)

社会保障・利払い費の抑制必要=財務相(05/23)

アディダス、中国社をサプライヤーに認定(05/23)

アウディ、タイでEV修理施設を増強(05/23)

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン