• 印刷する

ルフトハンザ、賃上げ合意 来年6月末まで操縦士スト停止

ドイツのルフトハンザ航空とパイロット労働組合のコックピット労働組合(VC)は12日、パイロットの基本給を月額980ユーロ引き上げることで合意したと発表した。併せて、来年6月末までストライキを実施しないことでも合意に達した。

ルフトハンザは、同社および貨物部門ルフトハンザ・カーゴのパイロット約5,000人の基本給を、今年8月分から月額490ユーロ、来年4月から同490ユーロそれぞれ引き上げる。経験の浅い副操縦士にとっては20%、最高位の機長レベルでは5.5%の賃上げに相当するという。

ルフトハンザとVCは併せて、来年6月末までを休戦期間とし、ストライキを停止することで合意。この間に、その他の労使条件などについて交渉を続けるが、そのテーマや詳細は公表されない見通しだ。

同社のパイロットは先に、労使交渉の決裂を受けストを決行。800便以上が欠航となった。VCはさらなるストを予定していたが、6日に賃上げを巡り基本合意したことで回避された。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ルフトハンザ、ITAへの出資計画が難航(05/21)

露、欧州3行の資産接収=総額7億ユーロ超(05/21)

EV共同開発で交渉決裂か VWとルノー、経費削減目指すも(05/21)

アウディ、上汽との共同開発車を来年発売(05/21)

独、5年でGDP5.6%縮小も=EU離脱で(05/21)

独保健省、医療機関比較サイト開設(05/21)

三菱電機、スマート都市開発で独社と提携(05/21)

ミュンヘン空港に環境活動家侵入、8人拘束(05/21)

EVテスラ独工場、拡張承認 地元議会=環境活動家は訴訟計画(05/20)

重電ABB、シーメンスの中国配線事業買収(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン