フィンランド、予備発電所2カ所を稼働

フィンランドの国営送電会社フィングリッドは8日、予備発電所2カ所が稼働したと発表した。電力供給量が予想を下回ったためと説明している。その後、需給のバランスが回復したため予備発電所は停止し、輪番停電を強いられる恐れもないという。 ロイター通信によると、同国ではこ…

関連国・地域: フィンランドロシア
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

フィンランド政府、超過利潤税の導入準備(11/25)

裁判所「ガスムにルーブル決済の義務なし」(11/18)

電力フォータム、第3四半期は45%増益(11/11)

JAL、ネステ・伊藤忠とSAF調達契約(11/08)

ノキアン・タイヤズ、ルーマニアに工場建設(11/03)

保険サンポ、ストックホルムでも上場へ(11/03)

タイヤのノキアン、第3四半期は65%減益(11/02)

昇降機コネ、第3四半期は6.3%減益(11/02)

フィンエアー、第3四半期は赤字縮小(11/01)

ノキアン、露事業をタトネフチに売却(11/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン