化学BASF、シンガポールに生産拠点

ドイツの化学大手BASFは、シンガポール西部トゥアスに農業ソリューション事業の生産拠点を開設した。シンガポールで4カ所目の生産拠点となる。 同社は、アジア太平洋地域向けの供給を強化する狙い。投資額は4,000万ユーロ。 新拠点は、6種類の液体製剤技術を扱えるよう設計…

関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 化学農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

ポルシェ、上場で94億ユーロ調達=過去2位(09/30)

インフレ率、9月は10%に加速=速報値(09/30)

シーメンスガメサ、世界で3千人弱整理へ(09/30)

リリウム、ジェット運航グローブエアと提携(09/30)

メルセデス、ベルリンにデジタル技術拠点(09/30)

「ノルドストリーム2」で新たなガス漏れ(09/30)

DHL、マレーシアでEV60台超を導入へ(09/30)

中国出資のオランダ企業、900社超に(09/29)

独、原発2基の稼働延長で調整=副首相(09/29)

独アウディ、ハンガリー部品工場が稼働(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン