ザポロジエ原発、主要送電網から再び遮断

国際原子力機関(IAEA)は3日、ウクライナ南部のザポロジエ(Zaporizhzhia)原子力発電所と主要送電網との接続が遮断されたと発表した。また、稼働中の原子炉2基のうち1基の稼働が停止されたという。 IAEAによると、4本ある主要送電網のうち3本はこれまでの戦闘で損…

関連国・地域: ロシアウクライナ
関連業種: 電力・ガス・水道政治


その他記事

すべての文頭を開く

メルケル前首相「対露の影響力失っていた」(11/28)

欧州議会、露を「テロ支援国家」に認定(11/25)

ウクライナ産穀物輸出合意、120日間延長へ(11/18)

ポーランド東部にミサイル着弾、2人死亡(11/17)

露、穀物合意巡り「制裁の一部解除必要」(11/15)

ズベルバンク、スイスのグレンコア提訴(11/08)

<編集長's View>欧州で原発再興、日本の教訓かすむ エネルギー高騰、相次ぐ方針転換(11/08)

G7外相会合、ウクライナ越冬支援を協議(11/07)

露、ウクライナ産穀物輸出の合意に復帰(11/03)

パリでウクライナ支援の国際会議開催へ(11/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン