シュコダ、新EVコンセプト発表=投資拡大

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のチェコ子会社シュコダ・オートは8月30日、新たな電気自動車(EV)コンセプト「ビジョン7S」を発表した。併せて、向こう5年間で電動モビリティー事業に56億ユーロ、デジタル化に7億ユーロをそれぞれ投じる方針も明らかにした…

関連国・地域: チェコ
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

チェコ新車登録台数、11月は7.6%増加(12/07)

チェコGDP、1.7%拡大=改定値(12/06)

チェコ新原子炉、仏EDFなど3社が応札(12/01)

チェコ企業景況感、11月はやや悪化(11/29)

ポストNL、チェコ投資家が追加出資(11/28)

チェコ、独RWEからガス貯蔵施設取得か(11/23)

チェコ乗用車生産、10月は48.1%増加(11/21)

チェコ政府、発電事業者の収益上限を設定(11/11)

チェコ、EV電池工場誘致でVWなどと協議(11/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン