• 印刷する

航空BA、冬季に1万便削減 ヒースロー発着便=混乱最小限に

英国の航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は22日、10月後半~来年3月にロンドン・ヒースロー空港発着の短距離便を約1万便減らすと発表した。混乱を最小限に抑えるためで、ダイヤを8%削減する。併せて、同空港が人手不足を受けた利用者数の制限措置を延長したことを背景に、向こう2カ月で往復629便を減便することも明らかにした。BBC電子版などが伝えた。

冬季ダイヤの減便で、BAが運航するヒースロー空港発着便は、1日当たり往復290便程度に削減される。減便は短距離便が中心だが、一部の長距離便にも影響が及ぶとしている。

一方、今年10月末までの減便については、大半の予約客は予定通り旅行でき、学校のハーフターム(学期半ばの休暇)時期の主要路線は守られていると説明。欠航便の多くは同じ行き先の別の便が毎日就航されている路線だという。

BAは人員不足などを受け、夏季に既に3万便以上を減便していた。

ヒースロー空港を運営するヒースロー・エアポートは先に、航空需要の回復に人員確保が追い付いていないため導入している利用者の制限措置を、10月29日まで延長すると発表。当初は9月11日までの予定だった。これにより、同空港を出発する旅客数は1日10万人に制限されている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

英、7月4日に総選挙 14年ぶり政権交代の可能性(05/23)

ロシア、戦術核兵器の演習=欧州を威嚇(05/23)

英政府、ウェールズ北部で新規原発を建設へ(05/23)

インフレ率、4月は2.3%に減速(05/23)

石油シェル株主総会、気候目標緩和を承認(05/23)

製薬アストラゼネカ、中国特化の供給網構築(05/23)

財政収支、4月は赤字拡大(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン