• 印刷する

英最大コンテナ港でスト開始 8億ドル相当の取引に影響も

イングランド東部フェリックストウ(Felixstowe)港の従業員が21日、8日間のストライキを開始した。過去30年超で初めてストに踏み切った格好で、同港で働く約2,550人のうち1,900人以上が参加。フェリックストウ港は英国内最大のコンテナ輸送拠点で、8億ドル超相当の貿易取引に影響が及ぶ可能性がある。

今回のストは、賃上げ交渉の決裂を受けたもの。労働組合ユナイトの組合員であるクレーン運転士や機械操作員、港湾荷役作業員らが参加している。

同港は国内コンテナ輸送の48%を取り扱っており、リスク管理ソリューションを手がける英ラッセルは、ストにより8億ドル以上の取引に混乱が生じると推計。中でも衣料品と電子部品の輸送に大きな影響が出るとしている。一方、英国の物流業界団体ロジスティクスUKによると、小売り向け貨物の多くはイングランド南東部のドーバー港を経由するため、消費者に大きな影響が及ぶ可能性は低いという。

フェリックストウ港によると、同港は実質的に8.1~9.1%の賃上げに相当する、7%の賃上げと500ポンドの一時金支給を提案。事務員とエンジニアら500人を代表する労組は、同様の提案を受け入れたという。

一方、ユナイトは、フェリックストウ港が従業員より利益と配当を優先し、親会社である香港のコングロマリット(複合企業)CKハチソンに毎年数千万ポンドが流れていると改めて批判。10%の賃上げを呼びかけている。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

英、7月4日に総選挙 14年ぶり政権交代の可能性(05/23)

ロシア、戦術核兵器の演習=欧州を威嚇(05/23)

英政府、ウェールズ北部で新規原発を建設へ(05/23)

インフレ率、4月は2.3%に減速(05/23)

石油シェル株主総会、気候目標緩和を承認(05/23)

製薬アストラゼネカ、中国特化の供給網構築(05/23)

財政収支、4月は赤字拡大(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン