• 印刷する

英鉄道各社が大規模スト 運行2割に削減=19日は地下鉄も

英国の鉄道運行各社の職員が18日、大規模なストライキを実施した。運行本数が通常の約20%程度に削減され、半数以上の路線が運休となった。ストは20日にも行われる予定。加えて19日には、ロンドン地下鉄(LU)と地上鉄道網ロンドン・オーバーグラウンド(LO)でもストが実施される。各社は利用者に対し、必要不可欠でない限り鉄道利用を控えるよう呼びかけている。

英国の鉄道インフラを管理するネットワーク・レールによると、18日と20日は運行時間が最長で午前7時半から午後6時半までに制限された。イングランド南部ポーツマスや北部ブラックプール、ウェールズ南部スウォンジーなどでは、鉄道網が完全に停止した。

両日の予約チケットは、23日まで使用が認められる。スト翌日の19日と21日にも運行の混乱が残ると予想されている。

鉄道ストの参加者は、全国鉄道・海運・運輸労働組合(RMT)に加盟する鉄道運行14社の従業員と、運輸事務職労働組合(TSSA)に加盟する鉄道運行7社の従業員、最大労組ユナイトに加盟するネットワーク・レールの従業員で、計4万5,000人超に上った。各労組は、賃上げや雇用保護、年金と労働条件の改善などを求めている。

一方、ロンドンでは19日、RMTに加盟するロンドン交通局(TfL)のLU職員およびドイツ鉄道(DB)傘下アリバ・レール・ロンドンのLO職員がストを実施する。

TfLによると、この日は地下鉄全線がほぼ運休となるほか、オーバーグランドも始発時刻が遅れ、夜間は運休となる。鉄道ストの影響も被るため、18~21日を通じて一定の混乱が予想されている。加えて19日と20日には、ロンドン西部と南西部、サリー州の一部でバスの運行にも影響が及ぶ見通し。

英国では6月にも鉄道や地下鉄などのストが実施されていた。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ボーダフォン、マスモビル子会社を買収(10/04)

英、高所得者向け減税案撤回 財務相「国民の言い分理解した」(10/04)

ボーダフォンとスリー、英事業統合を交渉(10/04)

B・スチール、中国親会社が政府支援要請か(10/04)

アトス、中核部門への買収提案を拒否(10/04)

電気バンのアライバル、量産開始計画に遅れ(10/04)

イネオス、サウジに化学施設2カ所を新設へ(10/04)

GDP、第2四半期は0.2%増 コロナ流行前を下回る=改定値(10/03)

労働党、支持率で与党を33ポイントリード(10/03)

アストンマーティン、中国・吉利が出資(10/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン