仏軍、マリ撤退完了=10年近くの介入に幕

フランスの大統領府は15日、マリを拠点にサヘル地域からのイスラム過激派掃討作戦に従事していたフランス軍が同国からの撤退を完了したと発表した。マクロン大統領は2月、マリの軍事政権との関係悪化を受け、フランス軍の撤退を開始していた。これにより、10年近くにわたるマリで…

関連国・地域: フランスEU米国アフリカ
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

仏デカトロン、ウクライナ事業を再開(10/07)

仏政府、省エネ策を発表へ=冬場の停電回避(10/07)

ステランティスの労組、8%の賃上げ要求へ(10/07)

独とスペイン、ガス導管敷設に向け協力強化(10/07)

建材サンゴバン、英子会社ジューソン売却へ(10/06)

仏製造業生産、8月は2.7%増加(10/06)

独ベルテルスマン、M6の売却計画を撤回(10/05)

ホルシム、工場の炭素ゼロ化でトタルと協力(10/05)

金融HSBC、カナダ事業売却を検討(10/05)

シクスト、中国・BYDからEV10万台購入(10/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン