ウクライナからエチオピア向け穀物船が出港

ウクライナ南部オデッサ近郊のピフデンヌイ(Pivdennyi)港から14日、ウクライナ産の小麦を積んだ国連の貨物船が出港した。黒海経由での穀物輸出の再開後、国連世界食糧計画(WFP)がチャーターした最初の貨物船で、深刻な食糧危機に陥っているエチオピアに届けられる。タス通信…

関連国・地域: ウクライナアフリカ
関連業種: 農林・水産運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ギリシャとブルガリア結ぶガス導管が稼働(10/04)

露大統領、ウクライナ4州編入条約に調印(10/03)

露大統領、ウクライナ東南部編入条約調印へ(09/30)

親露派地域、露編入「9割賛成」=住民投票(09/29)

露・ウクライナ経済、今年は縮小=EBRD(09/29)

露、30日にウクライナ南東部の編入手続きか(09/27)

欧州政治共同体、初会合に英・トルコも招待(09/26)

プーチン大統領、部分的動員令に署名(09/22)

トラス氏、国連総会出席へ バイデン氏とも会談=初外遊(09/21)

ルーマニアなど3カ国、エネルギー協力強化(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン