ロシア、カザフでイランの人工衛星打ち上げ

ロシアの管理下にあるカザフスタンのバイコヌール宇宙基地で9日、イランの人工衛星「ハイヤーム」を搭載したロシア製ロケット「ソユーズ2.1b」が打ち上げられた。ブルームバーグなどが伝えた。 背景には、ロシアがウクライナへの軍事侵攻を開始して以来、イランとの戦略的な連携…

関連国・地域: ロシアカザフスタン中東
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

露ガスプロム、イタリア向けガス供給を停止(10/04)

電力エネル、ロシア子会社の売却が承認(10/04)

トルコ国営3行、露決済システムの利用停止(10/03)

露大統領、ウクライナ4州編入条約に調印(10/03)

EU、ゴールデンパスポート巡りマルタ提訴(10/03)

トタル、露権益除外の戦略発表=LNG拡大(09/30)

露大統領、ウクライナ東南部編入条約調印へ(09/30)

ロシアの失業率、8月は3.8%で過去最低(09/30)

トルコ社、ロシア西部にボイラー工場建設(09/30)

アルロサ、ジンバブエでダイヤ鉱床発見(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン