• 印刷する

英最大コンテナ港でスト決定 21日から8日間=物流混乱の恐れ

英国の労働組合ユナイトは5日、イングランド東部フェリックストウ(Felixstowe)港の従業員が21日から8日間のストライキを実施すると発表した。賃上げ交渉が決裂したためで、組合員1,900人以上が参加する見通し。同港は国内最大のコンテナ輸送拠点であることから、ユナイトは国内サプライチェーン(調達・供給網)に大きな影響が及ぶと警告している。

ユナイトは先の交渉で、フェリックストウ港が提案した7%の賃上げを拒否。英国では6月、年金や賃金交渉で参考にされる小売物価指数(RPI)が前年同月比11.8%上昇しており、これに比べ著しく低いと非難した。

一方、フェリックストウ港の広報担当者は、同港では1989年以降、ストが実施されておらず、交渉が続く中で実力行使が発表されたことは遺憾だとコメント。同港は安定した好待遇の雇用を提供しており、ストによる勝者はいないと主張している。交渉の対象となる従業員の平均年収は、4万3,000ポンドだという。

ユナイトとフェリックストウ港は、8日に再び交渉を始めたとみられる。

ユナイトによると、同港は国内コンテナ輸送の48%を取り扱い、従業員数は2,550人。このうち約1,900人がユナイトの組合員だという。先にはスト決行の是非を巡る投票に組合員の81%が参加し、うち92%がストを支持。決行されれば、海運と陸運に大きな混乱が生じると予想されている。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ロンドン証取、パリ追い抜く 再び欧州最大に=仏政局混乱受け(06/19)

英再生エネ会社、ルーマニアで大口融資獲得(06/19)

NATO基金、欧州の先端技術企業に初投資(06/19)

労働党の対EU貿易政策、効果は「最小限」(06/19)

ロンドンの労働生産性が低下=在宅勤務影響(06/19)

英の対イスラエル武器輸出許可額、95%減少(06/19)

英国の再生エネ輸出に影響 EU国境炭素税、利益5%減も(06/18)

製造業、EUとの貿易関係の再構築望む(06/18)

リフォームUK、総選挙公約発表=移民抑制(06/18)

資産管理サイドキック、850万ポンド調達(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン