広告WPP、第2四半期は12%増益

広告で世界最大手の英WPPグループは5日、上半期(1~6月)の税引き前利益(特別損益除く)が5億6,200万ポンドとなり、前期比12%増加したと発表した。大半の事業・地域での旺盛な需要を受け、通期見通しを引き上げた。 売上高は67億5,500万ポンドと、継続事業・恒常為替レ…

関連国・地域: 英国
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ボーダフォン、マスモビル子会社を買収(10/04)

英、高所得者向け減税案撤回 財務相「国民の言い分理解した」(10/04)

ボーダフォンとスリー、英事業統合を交渉(10/04)

B・スチール、中国親会社が政府支援要請か(10/04)

アトス、中核部門への買収提案を拒否(10/04)

電気バンのアライバル、量産開始計画に遅れ(10/04)

イネオス、サウジに化学施設2カ所を新設へ(10/04)

GDP、第2四半期は0.2%増 コロナ流行前を下回る=改定値(10/03)

労働党、支持率で与党を33ポイントリード(10/03)

アストンマーティン、中国・吉利が出資(10/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン