• 印刷する

ルフトハンザ、地上職賃上げ 月給200ユーロ上乗せで労組と合意

ドイツのルフトハンザ航空は4日、地上職員の賃上げを巡り、同国の統一サービス産業労組ヴェルディ(Ver.di)と合意に至ったと発表した。今年は月給に200ユーロを上乗せし、来年1月に2.5%、7月にさらに2.5%引き上げる。同社の地上職員は先に、賃金交渉の難航を受けストライキを実施。ルフトハンザはこれにより、フランクフルトとミュンヘン発着のほぼ全便に当たる1,000便以上を欠航せざるを得なかった。

ヴェルディは、同社の地上業務に携わる約2万人を代表。これには貨物部門ルフトハンザ・カーゴや、航空機整備を手がけるルフトハンザ・テクニック(Technik)の従業員も含まれる。

ルフトハンザとヴェルディは今回、3度目の交渉でようやく妥結に至った。協定の有効期間は18カ月で、今年7月分の給与から200ユーロ上乗せされる。ヴェルディは当初、9.5%の賃上げを要求していた。

ルフトハンザは、パイロットおよび客室乗務員とも協議を続けており、合意に前向きな姿勢を示している。同社のパイロット労組(VC)は先に、ストライキの是非を問う投票で97.6%が実施を支持したと発表。これにより、交渉が決裂した場合は実力行使に出ることが可能となった。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

RWE、米再生エネ社買収=カタールが支援(10/04)

バッテンフォール、北海で風力発電所建設へ(10/04)

褐炭発電LEAG、太陽光発電所の建設計画(10/04)

BMW、タイ販社が首都に旗艦ショールーム(10/04)

ステランティス、中東での充電で独社と提携(10/04)

独、ガス・電気料金上限設定に2千億ユーロ(10/03)

ウニクレディトとアリアンツ、持ち株交換へ(10/03)

失業率、9月は横ばいの5.5%(10/03)

独政府、サウジへの武器輸出を再開か(10/03)

VW、排ガス不正巡りイスラエルで集団訴訟(10/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン