• 印刷する

ルフトハンザ、地上職賃上げ 月給200ユーロ上乗せで労組と合意

ドイツのルフトハンザ航空は4日、地上職員の賃上げを巡り、同国の統一サービス産業労組ヴェルディ(Ver.di)と合意に至ったと発表した。今年は月給に200ユーロを上乗せし、来年1月に2.5%、7月にさらに2.5%引き上げる。同社の地上職員は先に、賃金交渉の難航を受けストライキを実施。ルフトハンザはこれにより、フランクフルトとミュンヘン発着のほぼ全便に当たる1,000便以上を欠航せざるを得なかった。

ヴェルディは、同社の地上業務に携わる約2万人を代表。これには貨物部門ルフトハンザ・カーゴや、航空機整備を手がけるルフトハンザ・テクニック(Technik)の従業員も含まれる。

ルフトハンザとヴェルディは今回、3度目の交渉でようやく妥結に至った。協定の有効期間は18カ月で、今年7月分の給与から200ユーロ上乗せされる。ヴェルディは当初、9.5%の賃上げを要求していた。

ルフトハンザは、パイロットおよび客室乗務員とも協議を続けており、合意に前向きな姿勢を示している。同社のパイロット労組(VC)は先に、ストライキの是非を問う投票で97.6%が実施を支持したと発表。これにより、交渉が決裂した場合は実力行使に出ることが可能となった。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

BMW、中国製部品の禁輸に違反=米報告書(05/22)

独貨物鉄道の国家補助、欧州委が承認(05/22)

米当局、VWのEV調査=リコール視野に(05/22)

金融監督庁、オンライン銀N26に罰金(05/22)

生産者物価、4月は3.3%低下(05/22)

韓国・斗山、独に欧州支社設立=ロボ展開へ(05/22)

ドイツの極右犯罪、昨年は23%増加(05/22)

ルフトハンザ、ITAへの出資計画が難航(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン