塩野義、疼痛治療薬の日本導入で独社と契約

塩野義製薬は4日、変形性膝関節症に対する疼痛(とうつう)治療薬候補品「レシニフェラトキシン(Resiniferatoxin)注射剤」の国内導入に関し、ドイツの製薬大手グリューネンタール(Grunenthal)とライセンス契約を結んだと発表した。塩野義は、日本における独占的販売権を獲得す…

関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

ルフトハンザ、地上職賃上げ 月給200ユーロ上乗せで労組と合意(08/08)

伊、米インテルと半導体工場建設で契約へ(08/08)

鉱工業生産、6月は0.4%増加(08/08)

ドイツポストDHL、第2四半期は13%増益(08/08)

保険アリアンツ、第2四半期は23%減益(08/08)

ライン川の水位低下、石炭火力発電に影響も(08/08)

三菱製紙、ドイツ連結子会社の工場撤退へ(08/08)

自動車部品エルリングクリンガー、赤字転落(08/08)

化粧品バイヤスドルフ、上半期は25%増益(08/08)

アディダス、上半期は19%減益(08/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン