• 印刷する

英最大のコンテナ港でストへ 賃上げ交渉難航、物流に大混乱も

英国の最大労組ユナイトは7月28日、イングランド東部フェリックストウ(Felixstowe)港の従業員が8月のストライキ実施を支持したと発表した。賃上げ交渉が難航しているため。同港は国内最大のコンテナ輸送拠点であることから、物流の大規模な混乱が予想されている。

ユナイトによると、フェリックストウ港は国内コンテナ輸送の48%を取り扱い、従業員数は2,550人。このうち1,900人がユナイトの組合員だという。今回の投票には組合員の81%が参加し、うち92%がスト決行を支持した。

ユナイトは、フェリックストウ港で業務が停止することで海運と陸運に混乱が生じ、国内サプライチェーン(調達・供給網)に大きな影響を及ぼすと警告。ストの日程は発表していないが、現実的な賃上げ案でストを回避するよう同港に呼び掛けた。

ユナイトは、フェリックストウ港は5%の賃上げを提案したが、物価上昇率を考慮すると実質的には賃下げだと指摘。同港の2020年の税引き前利益が6,100万ポンドで、9,900万ポンドの配当金を支払ったことから、賃上げの余力があると主張する。なお、英国では今年6月、年金や賃金交渉で参考にされる小売物価指数(RPI)が前年同月比11.8%上昇した。

フェリックストウ港の広報担当者は、交渉は続いているためストを回避したいとコメント。賃上げについては公正な提案をしたつもりだとし、投票結果に対して失望をあらわにした。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ロイヤルメール、買収で合意 チェコ富豪が提案=50億ポンド(05/30)

アングロ、豪BHPとの買収協議継続を拒否(05/30)

蓄電池ゼノベ、新たに4.1億ポンド調達(05/30)

金融HSBC、ロシア事業の売却完了(05/30)

英、EUの出入国管理システムに対応準備(05/30)

121社トップ、労働党を支持 総選挙前に保守党政権を批判(05/29)

熟練労働者ビザ、料理人がIT技術者上回る(05/29)

NTT都市開発、ロンドン大型再開発に参画(05/29)

コンサルのERM、東南アジア拠点増強へ(05/29)

保守党、徴兵制復活を公約 18歳国民が対象=総選挙勝利なら(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン