製薬サノフィ、第2四半期は1.9%減益

フランスの製薬大手サノフィは7月28日、第2四半期(4~6月)の純利益が11億7,500万ユーロとなり、前年同期比1.9%減少したと発表した。主力のアトピー性皮膚炎治療薬「デュピクセント(Dupixent)」などが好調で、売り上げは大きく伸びている。 売上高は101億1,600万ユーロと…

関連国・地域: フランス
関連業種: 医療・医薬品その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

独ベルテルスマン、M6の売却計画を撤回(10/05)

ホルシム、工場の炭素ゼロ化でトタルと協力(10/05)

金融HSBC、カナダ事業売却を検討(10/05)

シクスト、中国・BYDからEV10万台購入(10/05)

アングロとEDF、南アで再生エネ合弁設立(10/05)

ボーダフォン、マスモビル子会社を買収(10/04)

仏新車登録台数、9月は5.5%増加(10/04)

フォルシア、EUから水素事業で助成金獲得(10/04)

伊政府、ITA売却交渉を10月末まで延長(10/04)

アトス、中核部門への買収提案を拒否(10/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン