ウクライナの穀物輸出、7月は47%減少へ

穀物の新年度が始まった7月1日以降のウクライナ産穀物の輸出量は、26日までで123万トンとなり、前年同期比47%減少した。農業食料省の発表を元に、ロイター通信が伝えた。 作物別ではトウモロコシが84万9,000トンで最も多く、小麦(26万4,000トン)と大麦(10万6,000トン)がこ…

関連国・地域: ウクライナ
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

露原油、中欧に輸送停止=制裁が決済に影響(08/11)

ウクライナ穀物船保護で合意 露やトルコ、安全な航行を保証(08/10)

【ニュース深掘り】原発大国ウクライナのエネルギー事情 EUとの関係強化にも一役(08/10)

ウクライナ、穀物船6隻が出港=計10隻に(08/09)

ウクライナ、新たに穀物船3隻が出港(08/08)

露・トルコ首脳会談、ウクライナ問題協議(08/08)

ショルツ首相、原発稼働継続の可能性を示唆(08/05)

ウクライナ、黒海経由の穀物輸出が再開(08/02)

ウクライナ3港、穀物輸出に向け作業開始(07/29)

ウクライナの穀物輸出、7月は47%減少へ(07/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン