• 印刷する

給油作業員のスト中止 新たな賃上げ案提示=ヒースロー

ロンドン・ヒースロー空港で21~24日に予定されていた給油作業員のストライキが中止された。航空機向け給油サービス企業アビエーション・フューエル・サービシズ(AFS)が新たな賃上げ案を提示したため。最大労組ユナイトが20日発表した。

ユナイトは、「英紛争解決機関ACAS(助言あっせん仲裁サービス)の仲介により改善された提案がなされた」と説明。約50人の組合員は新たな賃上げ案を検討した上で、受け入れるか投票を行う予定という。

AFSは当初、10%の賃上げを提示したが、従業員側がこれを拒否。同社では過去3年間、賃金が据え置かれており、ユナイトはインフレを考慮すれば実質15.5%の賃下げに相当すると指摘していた。

AFSの広報担当者は、新たな提案を巡る投票まではストは行われないことを歓迎し、「ヒースロー空港では通常通りの業務が可能になる」と述べている。

AFSは、英石油大手BP、仏石油大手トタルエナジーズ(旧トタル)、クウェートの国営石油クウェート・ペトロリアム傘下の航空燃料供給会社Q8アビエーション、米製油大手バレロ・エナジーの合弁会社。同社は70社超に燃料補給サービスを提供しており、顧客には日本航空(JAL)やヴァージンアトランティック航空、エールフランスKLM、スカンジナビア航空(SAS)、ユナイテッド航空、デルタ航空、エミレーツ航空、シンガポール航空などが含まれる。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

英中銀、利下げ開始はインフレ低下の証拠を見極めてから <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第58回(05/17)

英労働党、選挙公約発表 経済安定化や医療改善を優先(05/17)

資源アングロ、世界で採用凍結=買収回避で(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

米石油シェブロン、英北海事業から完全撤退(05/17)

英、不明確な環境政策で投資機会逸失(05/17)

BT、通期は増益=30億ポンド追加削減へ(05/17)

イージージェット、上半期は赤字縮小(05/17)

音声支援のポリーAI、評価額5億ドルに(05/17)

グレッグス、店舗数3500店に拡大へ(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン