マクロン大統領、米ウーバーと秘密取引か

フランスのマクロン大統領が2014~16年にオランド社会党政権で経済相を務めた際、米国の配車サービス大手ウーバーの事業を支援するために便宜を図っていたとの疑惑が浮上している。国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が、匿名の情報源から提供された社内文書など12万4,00…

関連国・地域: フランス米国
関連業種: 運輸IT・通信政治


その他記事

すべての文頭を開く

仏決済ワールドライン、同業OPP株取得(09/30)

トタル、露権益除外の戦略発表=LNG拡大(09/30)

仏全土で賃上げと年金改革撤回求めるスト(09/30)

リリウム、ジェット運航グローブエアと提携(09/30)

トタル、ストで製油所停止へ=燃料供給懸念(09/29)

中国出資のオランダ企業、900社超に(09/29)

仏消費者信頼感、9月は悪化(09/29)

エアバス、中国・航空油料からSAF調達へ(09/29)

航空貨物WFS、シンガポール社が買収(09/29)

仏ルメール財務相、来年度予算案を発表(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン